夫子廟付近の雑踏(2月20日:南京陥落から69日目)


初稿:2019年1月20日
最新の更新日:1月26日
鹿島 明

下の写真は、「南京事件の核心」(冨澤繁信/著)p124に掲載されている夫子廟付近の写真です。キャプションの説明によれば、 撮影日は2月20日、撮影者は「岡(美)特派員」とあります。
 

夫子廟の位置を南京市の略図で確認すると、下ので囲まれた位置にあります。

この夫子廟付近の写真が重要な理由は、

    1)南京陥落(12月13日夕)から70日弱の時点で撮影されていること、
    2)往来する市民の様子に恐怖や屈託・緊張感がなく、広場の中央では祭礼のようなものが行われ、出店まである。 (時期から見て、旧正月を祝う春節の祭りではないだろうか)
    3)人力車が復活して、南京市民が市内のある程度まで広い範囲に行っている様子が伺われること、
にあります。

 南京市の面積は、ほぼ鎌倉市と同じです。 中央ロータリーから4kmの円を描くと、市域の大半が収まってしまう。従って、 この時、南京市民は市内のほぼ全域に行く事ができた、と推定されます。

  ところで、東京裁判の判決文は、次のようになっています。

「12月13日の朝、日本軍が市内に入ったときには、(支那軍の)抵抗は止んでいた…… …..中略……. 日本兵は市内に群がってさまざまな残虐行為を犯した。日本兵は同市を荒らし汚すために、まるで野蛮人の一団のように放たれたのであった。兵隊は個々に、または2、3人の小さな集団で全市内を歩きまわり、殺人・強姦・略奪・放火を行った。そして、無抵抗な中国人の男女子供を無差別に殺しながら兵は街を歩きまわり、ついには、ところによっては大通りや裏通りに被害者の死体を散乱したほどであった。….南京市占領後の2、3日のうちに、このような無差別殺人によって殺された中国人の男女子供は、少なくとも1万2千人を超えた。 …..中略……. 後日の見積もりによれば、日本軍が占領してから最初の6週間に、南京とその周辺で殺害された一般人と捕虜の総数は、20万人以上であったことが示されている、これらの見積もりが誇張でないことは、埋葬隊とその他の団体が埋葬した死骸が15万5千体に及んだ事実によって証明されている。…….」

→英文の該当部分

判決文のうちの、「日本軍が占領してから最初の6週間に、南京とその周辺で殺害された一般人と捕虜の総数は、20万人以上であったことが示されている」の部分に着目して下さい。
  占領から6週間なら翌年1月末です。なのに、2月20日に撮影されている写真に、市民の緊張した様子は見られません。
  もし判決文どおりの状況なら、遺体は散乱して異臭を放ち、鬼哭啾啾といった光景が、いたるところに現出しているはずです。 たとえ、そのような陰惨な光景が夫子廟から遠く離れた場所に現出していたとしても、 人力車で市内のどこにでも行くことのできた南京市民が、そのことを知らないはずがない。 ところが、南京市民は集まって祭礼をやり、なんら怯える様子もなさそうに出店で買い物などをしている。


 

   「南京大虐殺」が存在したと主張する人は、この、なんとも平和な光景を、どう説明するのか?

  松井大将個人に対する判決文でも、「この暴虐な犯罪行為は1937年12月13日の南京市占領に始まり、1938年の2月初旬まで止むことはなかった。 この6〜7週間に数千人の女性が強姦され、10万人以上が殺され、数をも知れない量の財産が盗まれ、または焼失した。」となっています。

→英文の該当部分

  もし「2月初旬」を、2月10日で区切るとすれば、2月20日に撮影されている写真に、 どうして恐怖に逃げ惑い、必死の形相で南京市から脱出しようとしている市民の姿が見られないのか。


  我々は、サイゴン陥落に伴い南ベトナムから脱出しようとしているボートピープルの表情、 シリア内戦を避けて陸続と地中海方面に逃れようとする難民の表情を知っています。
  どうして、そのような悲痛な表情や様子が、ここに見られないのか。

  いわゆる「南京大虐殺」が虚構であり、東京裁判が虚構のうえに行われた「司法殺人」である所以でしょう。
 


 


To the top of this page
Return to Home